洋菓子工房 パパ・パティシエ
商品のご紹介
メッセージクッキー
地産地消食育スイーツ
2人で作るウェディングケーキ
焼き菓子(お引き菓子)
パパ・パティシエ
パティシエのこだわり
アトピーの方のための
  スイーツレシピ
お客様の声

メッセージクッキー注文

 
メールでのお問い合せ
お電話・FAXでのお問い合せ


 
パティシエのこだわり

フランスはパリの製菓道具やさん「MORA」

ここはとにかく様々な道具が所せましと並べられているお店です。
 ケーキ職人が(ケーキ作りが大好きな人も)一歩この店に足を踏み入れると、かるく2〜3時間は出てくることができないでしょう。

 かく言う私もそのひとり。時間が経つのも忘れてしまったけれど、財布の中身もお店へ忘れてきてしまったかのように、少なくなっていました。もちろん、その分の道具は買わせて頂きました。(お値段は、日本で買うより大分お手頃です。)

 この店には、まだ日本には紹介されていないクッキー等の抜型や口金、地方色豊かな焼型、またケーキの上に模様や絵などをすり込む型(デコルズ)があり、小鳥がフランボワーズの実をついばんでいるデザインや、木の上でリスがヘーゼルナッツをかじっているデザインなどなど、素敵な道具がいっぱいです。パリへ行く機会があれば、ガイドブック等にも載っている店ですので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 パリで出会った道具たちに、ここまで感動した私の「こだわりの道具」は、実はフランス製ではありません。日本の伝統的な計量単位である「尺」「寸」「分」を計る定規「くじら尺」です。 これは竹でできています。何尺、何寸、何分というふうに刻み目がついている大きめのcm定規といった感じです。写真のcm定規では、細かすぎで計りづらいのですが、くじら尺ならば目盛りも大きく、ケーキにカット用の刻み目を入れるのにぴったりです。今も多くのお菓子屋さんで使われています。もちろん刻み目を入れる専用の道具もあるのですが、衛生的なのと、頭の体操にもなるので重宝しています。

 しかし、この便利なくじら尺、過去に国の指導で廃止されるところだったのです。昔からある計測単位や、ゴルフでも使われているヤード等、全てキロ、センチ等のメーター表記、重さだったら全てグラムやキログラムにすることを求められたのです。はっきり言って、文化の破壊に他なりません。そこで立ち上がってくれたのが永六輔さんたちです。その反対運動のおかげで今現在、こうしてケーキの切り分けができるわけです。そうそう、日本の洋菓子のサイズは、実はやっぱりくじら尺などで計られる単位の「寸」で表されているのです。
5号サイズ-5寸、6号サイズ-6寸などで10号サイズになると、1尺(10寸)で表されます。実際は箱のサイズで、10号の箱のことを洋菓子業界では「尺箱」と呼んでいます。ロールケーキのサイズも6寸ロールなどでやはり、古き良き日本の寸法なのです。

 私、おこがましくも菓子職人を代表して永六輔さんに、くじら尺という日本の伝統文化を守ってくださってありがとうございますと御礼状を出したところ、永さんの出演されているTBSラジオの番組「誰かとどこかで」の中でそのことをご紹介頂きました。また、返礼のお手紙まで、頂戴いたしまして、感激しております。

 これは、永六輔さんのお父様がおっしゃられていた言葉ですが、私の職人としての座右の銘にさせていただいております。
『井の中の蛙大海をしらず。されど、天の深さを知る』
私もお客様に喜んで頂けるよう、ひとつ所で懸命にお菓子の道を探求してまいりたいと思います。



☆当店のお菓子は、できる限り無農薬・無添加の材料を使用しています。
こだわりの原料
りんご
かりん
自家製のノーワックス
ハーブ 自家製(レモンバーム、タイム、ミント、ローズマリー、ゼラニウム)
バニラ 甘く、繊細な香りの天然バニラビーンズ
(マダガスカル産)を使用。クリーム類に特に多く入っていますが、黒いつぶつぶは、このバニラビーンズですので、安心してお召し上がり下さい。
小麦粉 すべて国内産(岩手産)の無漂白のもの
バター 国内産のクリームから作られた、さわやか
な芳香と極上の風味を持つ熟成された発酵バター。
卵を産み始めて150日以内のものだけを使用。肥料にワインの絞りかす、よもぎ、木酢などを与えた、甘みとコクのある新鮮たまご当店のお菓子には、合成保存料などの添加物は一切使用しておりません。


パティシエプロフィール

オカザキアキラ:1963年 料亭旅館の三男として生まれる。個性的な少年時代を過ごし、13才の折、宿泊された故柳家小さん師匠にその場で入門を請うが、小さん師匠より、高校を出てそれでも入門したかったら来なさいとのお言葉を頂くが、家業でもある日本料理に魅力を感じ、やがて仏料理に目覚め、その一部分である洋菓子に心惹かれてゆく。

その後、短期大学で、経済と哲学を学び、製菓学校で2年間洋菓子を学ぶ。東京、秋田で修業を積み、1996年、念願の独立、開店。
スモークチーズケーキの製法特許取得や、ブライダルに力を入れたメッセージクッキー・ご一緒に作るウエデイングケーキ等、今までにないユニークなお菓子を作り続けている。

店名・・・・・・パパは洋菓子職人の意味
 


洋菓子工房 パパ・パティシエ
秋田県秋田市御野場新町3丁目4-10
TEL&FAX:018-839-8883
■定休日:月曜日・火曜日 ■営業時間:10:00〜19:00
 

  TEL&FAX.018-839-8883